費用を抑えることができるのか

AUTO CADを導入するにあたり、どうにかうまく費用を抑えることができないものでしょうか。AUTO CADを使う企業にとってはこの費用はかなり負担になっていると考えるものです。AUTO CADの導入に関して、互換ソフトウェアを使いコストダウンを実現することが可能であることも言われています。建設業関係ではこのソフトを導入することで、仕事の効率があがります。

関連サイト……AUTO CAD互換ソフトウェア【ジェイドラフ】

最新バージョンのものは、生産性を向上させるためにいくつかの新機能が追加されました。しかし新しく追加された機能を必要としない企業も数多くあります。新機能が追加されるたびに、新しいライセンス数が増えることになり保守サポートのコスト負担になります。設計業務が必要としない最新の機能を持つソフトを導入する必要はいのです。実際に仕事で使うソフトだけを導入し、必要としない新機能を追加しない形をとることで、保守サポートにかかる費用のコストダウンが実現できます。

最近では、その仕事担当の役割に応じてAUTO CADと互換ソフトウェアを使い分けてコストダウンを計るケースが大企業の中でも多く増えています。このことを行っている企業が多くなり、実際ではAUTO CADの日本で国内出荷されるライセンスの数も多くなってきています。

コストの壁は高いもの

AUTO CADは、建設関係の仕事をしている人にとっては無くてはならないものです。作業効率化を図るためには、AUTO CADは必要不可欠です。特に作業をする中で、2次元CADの分野では多くのシェアを誇るAUTO CADは、できることでしたら建設業に携わる設計者全員が使える環境を持ちたいと考えている企業も多くあります。

AUTO CADの導入に関してはコストが非常にかかるもので、すべての設計者が使えるように揃えることは、現実的にはかなり厳しいものでありかなりハードルが高いと言われています。例えば必要なだけライセンス数をそろえ使用できるようにした場合でも、AUTO CADのバージョンアップにはまた高いコストが発生します。

AUTO CADを使っている人の中には、コストが高い面を懸念してそのまま古いバージョンを使っている事も少なくありません。自社内で使うだけでは、バージョンアップせず使っていても良いかもしれませんが、これが取引先とファイルのやり取りが発生する場合には、新しいバージョンで保存したファイルは、旧バージョンでは開かない場合があります。これでは仕事に大きな支障がでてしまいますので、やり取りをする場合にはやはり定期的なアップグレードが必要です。せっかく導入したものの、コスト問題がネックになってしまうことが導入の弱点と考える人もいます。

AUTO CADとは

AUTO CAD は、世界でもっとも名前が知られていると言われています。種類はAUTO CADとAutoCAD LTの2つあり、LTの方は簡易版のもので3次元機能が付いていますし、価格も安いです。実際にAUTO CADを利用している建設系の人たちの数は多いです。例えば大手ゼネコンでは、ほとんどAUTO CADを導入していますので、その企業の関連会社でも同じようにAUTO CADを使っています。もちろん機械系でもありますが建設系には及びません。AUTO CADを使いこなせるようになるまでは、時間がかかりますが自由に使えるようになると仕事の効率がかなり上がります。AUTO CADは建設系企業にとっては、今では必要不可欠のものですし、作業効率からしてみてもあった方が良いものです。またとても魅力あふれるデザインを描くことができますので、2D図面や3Dモデルで表現ができます。

AUTO CADには、すべてのAutodesk Design Suiteが含まれていますので、設計図書や詳細な図面などもスムーズに作成することができますし、これを使うことによって仕事が効率的にはかどります。さらに設計データの保存や流通に適しているTrustedDWGファイルと言うものでデザインを共有することができます。

AUTO CADの購入は、ソフトウエアライセンスの費用です。永久使用できる権利を購入するという形です。 AUTO CADを最初に購入した会社と他社とのデータ互換では、バージョンが違うとその受け渡しが難しくなります。また、費用に含まれているものとしてはAUTO CADの使い方やサポート管理、設定などがありますので、本体にサポートする費用がつく形です。