AUTO CADとは

AUTO CAD は、世界でもっとも名前が知られていると言われています。種類はAUTO CADとAutoCAD LTの2つあり、LTの方は簡易版のもので3次元機能が付いていますし、価格も安いです。実際にAUTO CADを利用している建設系の人たちの数は多いです。例えば大手ゼネコンでは、ほとんどAUTO CADを導入していますので、その企業の関連会社でも同じようにAUTO CADを使っています。もちろん機械系でもありますが建設系には及びません。AUTO CADを使いこなせるようになるまでは、時間がかかりますが自由に使えるようになると仕事の効率がかなり上がります。AUTO CADは建設系企業にとっては、今では必要不可欠のものですし、作業効率からしてみてもあった方が良いものです。またとても魅力あふれるデザインを描くことができますので、2D図面や3Dモデルで表現ができます。

AUTO CADには、すべてのAutodesk Design Suiteが含まれていますので、設計図書や詳細な図面などもスムーズに作成することができますし、これを使うことによって仕事が効率的にはかどります。さらに設計データの保存や流通に適しているTrustedDWGファイルと言うものでデザインを共有することができます。

AUTO CADの購入は、ソフトウエアライセンスの費用です。永久使用できる権利を購入するという形です。 AUTO CADを最初に購入した会社と他社とのデータ互換では、バージョンが違うとその受け渡しが難しくなります。また、費用に含まれているものとしてはAUTO CADの使い方やサポート管理、設定などがありますので、本体にサポートする費用がつく形です。