コストの壁は高いもの

AUTO CADは、建設関係の仕事をしている人にとっては無くてはならないものです。作業効率化を図るためには、AUTO CADは必要不可欠です。特に作業をする中で、2次元CADの分野では多くのシェアを誇るAUTO CADは、できることでしたら建設業に携わる設計者全員が使える環境を持ちたいと考えている企業も多くあります。

AUTO CADの導入に関してはコストが非常にかかるもので、すべての設計者が使えるように揃えることは、現実的にはかなり厳しいものでありかなりハードルが高いと言われています。例えば必要なだけライセンス数をそろえ使用できるようにした場合でも、AUTO CADのバージョンアップにはまた高いコストが発生します。

AUTO CADを使っている人の中には、コストが高い面を懸念してそのまま古いバージョンを使っている事も少なくありません。自社内で使うだけでは、バージョンアップせず使っていても良いかもしれませんが、これが取引先とファイルのやり取りが発生する場合には、新しいバージョンで保存したファイルは、旧バージョンでは開かない場合があります。これでは仕事に大きな支障がでてしまいますので、やり取りをする場合にはやはり定期的なアップグレードが必要です。せっかく導入したものの、コスト問題がネックになってしまうことが導入の弱点と考える人もいます。