費用を抑える方法

AUTO CADをより便利に使えるものとして、さらにその導入にかかる費用を大幅に抑えられれば、これまで以上に多くの企業で導入されるものだと考えます。そこである会社では、AUTO CADに関して独自の進化を目指しているZWCAD+というものを提供しています。世の中に多く出回っている2次元 AUTO CADでは、ファイル形式のDWG形式と互換性は重要なポイントです。AUTO CADの使いやすさを追求することで、新しいものが良いということはありません。

AUTO CAD自体も直感的で分かりやすく、仕事の効率も上がることではありますが20 年以上の歴史を持っている日本国内のAUTO CADには、以前のメニュー形式の方が使いやすかったという意見も多くあります。またバージョンアップするたびに、費用が掛かりますしそれを保守することも必要になります。上手に互換ソフトウェアを取り入れていくことで、AUTO CADにおいてかかってくる費用削減が見込めます。

AUTO CADは、使う側が使いやすいことを重視して導入することが大切です。AUTO CADの導入に関しては、コストが高いことがネックになり、導入を控えている企業やバージョンアップをせずそのまま使っている企業が多くあるのも現実です。使い方では、バージョンを変えないことで仕事上のやり取りにも支障がでてしまいますので、互換ソフトウェアをうまく取り入れてコスト削減を目指しましょう。